最初の一歩 ! クローンで咲かす室内大麻水耕栽培 発芽からマザーを作るまで

最初の一歩 ! クローンで咲かす室内大麻水耕栽培 発芽からマザーを作るまで

僕のサイトを見て大麻栽培をやってみたいと思った方が多くいらっしゃいます。

また、海外で実際に栽培をはじめておられる方も多くいらっしゃいます。

ですが、はじめてなので、不安な事も多いでしょう。でもご安心ください!僕が付いてますよ!

(wickr meのkeity717まで お気軽にお連絡ください。)

 

 

さてみなさん。

僕の記事を読んで下さってるあなたはご存知でしょう?

親株からクローンをとって量産するメリットが。

さながらスターウォーズのクローントルーパーのようです。

大麻解放軍の戦士となってもらいましょう!

Clone troopers Army corps

 

これから実際にマザーからクローンを育てるまでの手順をここに記します。

「月に百万円稼げるシステム」

「月に百万円稼げるシステム2」

で実際にやってみたらどうなるか?

シミュレーションしていきます。

 

発芽させる

種を濡らしたキッチンペーパーに包みます。

プラスチックケースなどに保管して温かい所に置いてください。(20〜30℃)

18時間を経過すると、発芽する種も出てくるので、約8時間毎にチェックしておくとよいでしょう。

少しでも白い根がみえたら、ロックウールプラグに移しましょう。

「大麻の種の確実な発芽方法」

を参考にしてください。

種を植える

発芽した種をロックウールに移植する

ロックウールプラグはクローンソリューションとラピッドルーターのみを所定の濃度で配合して、

PHは5.9~5.6に調節しておいてくださ。

根を出した種をピンセットなどで、慎重に摘み、ロックウールプラグに植えます。

どの種がどの品種なのかわかるように札をさしいてください。

そしてクローンドーム内に並べておいてください。

発芽プラグ

上から、蛍光灯などの、強すぎない光を当ててあげましょう。

24時間~16時間は光を当てるようにしましょう。

頻繁に霧吹きをしてあげ、ドームをしめておきます。

幼苗時代はデリケートです。湿度が高いほうが元気に育つでしょう。

飽差のところを参考にしてください。

 

プラグをクローンドームに入れ、

棚に移して蛍光灯で照らしてください。

 

⬇️cloneと発芽ブースの例

clone棚

ロックウールプラグとブロックのドッキング

プラグの下から根が出始めると、いよいよロックウールブロックとドッキングです。

プラグを、十分に水分を染み込ませたロックウールブロックの穴にはめ込みます。

その際に根を傷つけないよう注意してください。

そして、引続きクローンドーム内で生育し、霧吹きで湿度を与えましょう。

このころの愛情がとても大切なのは言うまでもありません。

 

プラグからブロックへの移植

ロックウールで隙間を埋めるのは、根に光があたらないようにするためです。

根に光が当たると、葉緑素ができてしまい、

根としての性質を失い、茎化してしまいます。

植木鉢へ植え替え

クローンドームに入りきらないほどの大きさになったら、

7号前後の植木鉢に植え換えます。

植木鉢を受け皿で受けることを忘れないようにしてください。

そうしないと床がべとべとになってしまします。

 

培地は好みでココとパーライトの混合(50:50)

かロックキューブ、などを使いましょう。

あらかじめ、移植前には植木鉢にいれた培地は、

ジョウロで水やりをして十分に湿らせておきましょう。

この時に与える液肥に初めて肥料を投入します。(生長前期のレシピ)

植木鉢への植え替え

その時に忘れてはならないことは、ロックウールの周りに付いている白い帯を剥がして、

完全に埋めてしまうことです。

その際に、茎の長さをできるだけ抑えるように、培地を被せるようにしてください。

できるだけ低くコンパクトにマザーを育てたいですからね。

 

水やりは「~水やり徹底解説」を参考に、徹底的にこだわってくださいよ。

液肥はジョウロで普通の土耕の水やりと同じようにします。

これが一番簡単な水耕栽培です。

子供の時からやってる朝顔の栽培と同じですね。

 

マザー〜開花まで、全てこの方法一本で大丈夫です。

安心してください。

 

摘芯(芽摘み)

マザー候補となるこれらの若草たちに、

上からMHランプか青色のLEDか蛍光灯の照明を18~24時間しましょう。

できるだけ強力な光をあてて、(とは言え開花時期ほどではない)

枝と枝の間隔がびっしりと詰まった、

低くてがっちりしたマザーを育てることが目標です。

このころは小さくても、そのうち高く大きくなってきますので、

マザーを置く場所を確保してください。

光の当て方にも工夫してくださいね。

一回目のクローンを開花させるまで、なんとかほぼ全株、維持しないといけません。

双葉がの間からギザギザの歯が姿を表し3段、4段、5段、を過ぎた頃に、

元気そうだったら、初めての摘芯(芽摘み)を行いましょう。

背を低く保つ効果と、わき芽を増やし、クローンし易くなります。

元気がなさそうなら、しばらくは様子を見て、ある程度健康になるまでは摘芯は見送りましょう。

第一回目のクローン

摘芯して脇芽が成長してきたら、いよいよクローンを取りましょう。

クローンは「マリファナクローンの方法」を参考にすれば失敗することはほとんどありません。

 

この段階で明らかに生育が思わしくないマザーは間引いてください。

スペースを確保しましょう。

その分、良さそうなマザーから多くクローンを取ればいいことです。

 

クローン軍団の根が生えたらいつでも出撃できます。

avatar

@KeiTy717

マスターオビワン。お待ちしておりました。

開花準備

クローンに成功した後の苗はどうでしょうか?

僕はクローン即開花を基本としていますが、

少し元気がないな?と思われたら、ドームの中で養生させてあげましょう。

葉っぱが万歳しましたら、いよいよ開花させてあげましょう。

この部分は「大麻栽培 開花させる時期 必見、効率重視!」を参考にしてみてください。

 

マザープラントの維持

 

マザープラントは通常一年近く活躍してくれるでしょう。

マザープラントそのものに寿命があるわけではなく、

大きくなりすぎたら、おうちの中で飼えなくなってしまうのです。

照明がをうまく当てることができなくなるのですね。

また、小さい植木鉢に大きな大麻はバランスが悪くて自立させるのも大変です。

天井の高さには限りがあります。

 

そこで廃棄するしかなくなります。

めちゃめちゃお世話になったビッグマムを処分するのはしのびないですが。

外に植えに行くのも大変なので、ここはぐっとこらえて…

 

半年ごとに新しい品種にチャレンジしてほしいところではありますが、

よっぽど気に入ったマザーはクローンして、クローンのマザーから、

クローンのクローンを取りましょう笑

これで何年もDNAを引き継ぐことができます。

だだし、クローンのクローンの…とやっていくと、

だんだん弱くなる傾向にあります。

 

やはりオリジナルが最強なのです。

あなたは世界でただ一人のオリジナルなわけですから、

あなたがいないと世界は成り立たないのです。

 

あなたは誰が何といっても、この世には必要な存在なのです。

そう思って、あなたらしく人生を創造してくださいね。

希望

もしよかったら
いいね ! してね。

Twitter で

大麻栽培カテゴリの最新記事