大麻栽培 開花させる時期 必見、効率重視!

大麻栽培 開花させる時期 必見、効率重視!

2018.10.6加筆修正

 

さぁ

いよいよ本番です。

手塩にかけて育ててきた娘を立派に咲かせる時がきました。

 

でも、いったい、
いつ開花させばいいのですか?

開花させる時期

それが問題です。

でも、

それはあなたの自由です!

大きく咲かせたいなら、

大きく育てればいい、

早く咲かせたいのなら早く咲かせればいい。

本当です。

(といっても、双葉から5節くらいまでは生長させましょう)

 

室内における大麻栽培は、

クローンして開花させる方法をとるのが一般的です。

そうすることによって、いちいち、

種の入手→発芽→苗育成 (合計2か月)

といった時間のロスを減らすことができるからです。

クローンについては↓の記事を見てください。

「成功率90%以上 意外と簡単 失敗しない マリファナ クローンの方法 大麻栽培技術」

ただ、クローン苗から開花させる場合は、

僕は可能な限り、早く咲かせた方がいいと考えてます。

 

注意:ここから記述することはインディカの濃い品種にはあてはまらないこともあります。

インディカは開花後もあまり茎が伸びない傾向があるからです。

そのような品種は生長期間を十分に取りましょう。

 

その理由は、開花期初期のマリファナの成長速度は、

あらゆる生長ステージの中でも、もっともグングン育つからです。

 

それは、

クローン成功後に、即開花させたときには、

最速生長期間の占める時間の割合が、

全ての栽培期間で最大になるということです。

 

う~ん、うまく説明できなくてすみません。

もう少し分かりやすいよう具体的に説明しますね。

 

もちろん品種環境によって違いますが、あくまで一例として、

 

1株をAとBとC、三つの方法で栽培した時の収穫量の違い

A:クローン後、即開花した場合

クローン→開花期間(8週間)→収穫=栽培にかかった合計時間9週間(収穫量:約50g

B:クローン後、4週間の生長期間をとった場合

クローン→生長期間(4週間)→開花期間(8週間)収穫=栽培にかかった合計時間12週間(収穫量:約70g

C:クローン後、8週間の生長期間をとった場合

クローン→生長期間(8週間)→開花期間(8週間)収穫=栽培にかかった合計時間16週間(収穫量:約90g

 

 

Aのようにクローン発根後、即開花させると一日あたりの収穫量は0.89g(50g÷56日)

Bのように生長時期を多くとっても一日あたりの収穫量は0.83g(70g÷84日)

Cのように生長時期を更に多くとっても一日あたりの収穫量は0.80g(90g÷112日)

(このように、生長期を長くとればとるほど、一日あたりの収量は減少する

 

微々たる差に見えますが、

クローン→開花→収穫→クローン

とループさせて、栽培している場合や、

大量に作ってる場合には無視できない差となります。

 

例えば50株栽培したとしましょう。

8週間で成熟する品種を1年(52週)クローンでロスなく生産したとします。

すると、開花期間中にクローンは用意しておくので。

Aは年間6.5回は収穫できます。Bは4回収穫できます。

Cに至ってはAの半分、3.25回しか収穫できません。

 

ですので

A:50株×50g×6.5=16.25㎏

B:50株×70g×4.01=14.035㎏

C:50株×90g×3.25=13.846㎏

どうですか?

2㎏以上違いますね!

 

とはいえ、生長期間が多い方が収穫高が多いのは間違いないです。

開花期間中は迅速にクローンして、

少しでも多くの生長期間をとれるようにしましょう。

開花期間に8週間もあるので、

2週間でクローン発根させたとして、結果として、

6週間は生長期間が取れるはずです。

ところが、サティヴァ種の中には背があまりに高くなるものがあります。

グロウスペースを考えながら高さも調節しましょう。

背が高くなりすぎて、トップバッズがライトに当たってしまいかねません。

 

今後起業化を考えておられる方は、

この辺の効率も十分計算してスケジュールを考えてみてください。

大麻は世界で最も高価な農作物ですから。

たとい1グラムでもおろそかにはできません。

日本では金と同じ価値ですから…。

開花ブースト

開花初期のブーストスイッチの入ったマリファナほど

凄まじい成長を見せる植物を僕は他に知りません。

それこそ目に見えるくらい、という表現がぴったりです。

 

その昔、忍者が跳躍力を鍛えるのに、日々大麻を飛び越え訓練したそうですが、

それは理にかなっています。

1か月でだいたい20㎝から70㎝ほどになりますので、

下忍たちにとっては、いい感じのトレーニングになりますね!

 

タイムラプス

話は変わりますが、僕はよく固定カメラをセットし、

タイムラプス撮影をして大麻の成長を楽しんでました。

今でこそ、スマホでとれるようになり、

一般的になったタイムラプスですが、

そのころはわざわざ専用のカメラを買ったものです。

大麻の成長を目で見て、実感するために。

 

ジーっと見てても植物ってじっとしてますよねw

動いてないので、僕たちと同じ生命体だという実感が湧いてこないと思いませんか。

でも、タイムラプスで見ると、本当は大麻がいかに動いているかわかりますよ!

植物の時間感覚を体験してみてください。

 

朝目覚めたらむっくり起き上がって、万歳します。

身をよじるように体中を伸ばし、どんどん大きくなります。

夜になると、しゅわわ~と葉っぱを下ろしておやすみしています。

ダンスしているようにも見えます。

僕のとった写真やビデオはすべて証拠隠滅しましたので、

何も残ってなく、お見せできないのが本当に残念です。

 

機会があれば是非タイムラプスでご自身の娘さんのダンスを見てあげてください。

使っていないスマホで撮影されることをお勧めします。

より愛着がわくこと請け合いです。

 

このビデオで発芽したての時に土をかぶせて茎を隠しているのを見ましたか?

これは大切なことです。

これをしておかないとへろへろの幼苗の茎が風で折れたりしてろくなことがありません。

また、プランツはできるだけ低く育てた方が後々便利なことが多いのです。

 

もしよかったら
いいね ! してね。

Twitter で

大麻栽培カテゴリの最新記事