シードバンクアーカイブス 第10回 「Royal Queen Seeds 3」

2019年4月、 🥇#Best #Seedbankイタリア・ボローニャの IndicaSativa ・トレードショーで一等賞を獲得されました。素晴らしいですね!😁

今回のロイヤルクイーンシードは特に素晴らしい品種でいっぱいです。

1番に人気のクリティカルクッシュや、2015年カンナビスカップで優勝した高比率CBD品種の医療大麻ユーフォリアなど優れて品種を数多く紹介していますので、ごゆっくりご覧ください。

[Critical Kush]

クリティカルクッシュ(Critical Kush)は、ロイヤルクイーンシードの中でも群を抜いて人気のある系統です。この株はTHCに富んでおり、中程度の身長で、かなりの高収量である。それでいて開花期間は短く55-60日の間に収穫出来ます。効果はかなりリラックスして、緊張とストレスを軽減して、これを優れた睡​​眠補助剤になります。2015年に開催されたSpannabis Champions CupのIndoors / Hydroponics部門で優勝し、そのストーン効果と穏やかな幸福感が評判です。

・カテゴリー

100%INDICA

・遺伝子

クリティカル(Critical) x  OGクッシュ(OG Kush)

・生育する高さ

インドア 60~100cm

アウトドア 100~140cm

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期7~8週 最大500~550g /m²

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

収穫期9月下旬  最大収穫量500~550g g

・テイスト・フレイバー

アース、フラワー、ウッディー(木の香り)

・効き目

深いリラクゼーションとストレス解消を求める方に優れている強力なボディーハイを提供します。この株は夜間の使用に推奨され、不眠症、鬱病および不安の症状の治療に特に役立ちます。目覚しい陶酔感を伴う幸福感が全体的に高まります。THCの含有量が最高で約25%と多いにもかかわらず、不安や被害妄想を起こすことはありません。

・商品概要

クリティカルクッシュ(Critical Kush)は非常に人気のあるで、この遺伝はそれ自体で伝説である二つの品種クリティカルマス(Critical Mass)とOGクッシュ(OG Kush)にまでさかのぼります。OG Kushはヒンズークッシュ山脈にルーツを持つカリフォルニア産の株で、最も愛されているインディカ種の1つです。クリティカルマスはアフガニとスカンクの遺伝子を含み、それらは無数の大麻愛好家によって楽しまれてきました。

このインディカ種は、あなたがリラックスした気分にさせますが、あなたの日々のタスクを行うのに支障をきたしません。その多幸感は瞑想後の感覚に近いです。あなたが深い眠りに落ちたいのなら、Critical Kushはあなたにぴったりです。2、3ヒットして、ドリームランドに漂流してください。

屋内での収量は500-550g / m2に達し、高さは60-100cmに達します。この品種は最高25%のTHCを含む美しい品種です。クリティカルクッシュを屋外で栽培するのも素晴らしい結果をもたらします。高さは100〜140cm、収穫量は最大550g です。9月末までに収穫するようにしてください。

クリティカルクッシュ(Critical Kush)まとめ

ブリーダー:            Royal Queen Seeds

種子の種類:フェミナイズドシード(雌株)

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:インディカ

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:超強力

収穫量:    多い

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:アース、フラワー、ウッディー(木の香り)

[Critical]

クリティカル(Critical)は、この品種の元のブリーダーはMr. Nice Seedsで、Big Budのリニューアル版です。Nice SeedsはそれをCritical Massとして市場に出していますが、私たちのほとんどにとってこの株は Criticalとして知られています。

体への驚くべき効果と喫煙者が探し求めていた幻想的な頭脳への陶酔感のために、確固たる地位を得ました。しかし、何よりもこの株は、バッズの膨大な生産量を称賛されています。

・カテゴリー

40%SATIVA – 60%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

アフガン(Afghani) x スカンク( Skunk ♯1)

・生育する高さ

インドア 80~140cm

アウトドア 180~220cm

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期7~8週 最大550~600g /m²

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

収穫期9月下旬  最大収穫量600~650g

・テイスト・フレイバー

アース、ウッディー、スイート、オレンジ

・効き目

ユーザーは、この品種が心をクリアにし、創造的かつ集中を上げる効果があります。効果は通常、用量にもよりますが、2〜2.5時間持続します。何人かのユーザーはこの緊張が思考を誘発し、ほとんどサイケデリックだと感じます。THC含有量が高いほとんどすべての株と同様に、この菌株は大量に摂取すると口渇や目のほか、いくつかの妄想や不安を引き起こす可能性があります。この株は、その鎮静効果のために夜間の使用に向いています。

・商品概要

クリティカル(Critical)は、クラシックコレクション1つです。この株は、高い菌性および害虫抵抗性を有する独特の表現型を創製するために3年間の交配株の後に選択されました。この改善のおかげで、(雨が降りすぎない限り)腐敗を心配することなく、巨大な芽を得ることができます。

この植物の収量能力の高さは驚異的です。開花にかかる期間も短く、ちょうど55開花日後に準備ができているでしょう。屋外で栽培する場合は、9月に向けて準備ができているはずなので、庭での栽培やゲリラスタイルの栽培に最適です。誰かが盗むことを心配することなく、あなたは夏の終わりの前に収穫することができます。

その丈夫で背の低い構造は、あまり多くのスペースを持っていない場合に最適です。その香りは開花数週間でかなり激しくなるので注意してください。

オレンジのような柑橘系の香りがしています。つぼみはかなり甘い香りがします。BigBud株を愛する人には、もう少しエキゾチックな感じがします。

クリティカル(Critical)まとめ

ブリーダー:            Royal Queen Seeds

種子の種類:フェミナイズドシード(雌株)

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:インディカ優勢ハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:ミディアム

収穫量:    多い

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:アース、ウッディー、スイート、オレンジ

[Dance World]

ダンスワールド(Dance World)は、CBDの豊富な品種であるジュアニータ ラ ラグリモーサ(Juanita La Lagrimosa)とメキシコ産のアフガンを含むダンスホール20(Dance Hall20)の交配から派生したものです。Dance Worldは、75%のサティバと25%のインディカ遺伝学から構成されています。香りと風味はスパイシーでフルーティーです。エネルギッシュで高揚感のあるサティバをお探しならこの品種は素晴らしいチョイスになるでしょう。

・カテゴリー

75%SATIVA – 25%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ダンスホール20(Dance Hall20) x ジュアニータ ラ ラグリモーサ(Juanita La Lagrimosa)

・生育する高さ

60~90cm

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8週 

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

収穫期10月上旬  

・テイスト・フレイバー

アース、ウッディー、パイン(松)、ライム

・効き目

効き目は高揚感とトリッピーです。1時間後に、サティバ特性が安定した精神的なバズとして現れるかもしれません。ユーザーをクリエイティブにさせる効果があり、新しい発想が次々と湧き上がるでしょう。さらにアクティブにさせる効果もあるので、様々なアクティビティにも適しています。

・商品概要

ダンスワールド(Dance World)は、薬用大麻の世界における革命です。ほとんどすべてのCBDが豊富な品種は、大麻特有の効果を与えることができません、しかしダンスワールドにはそれが可能なのです。それは2つのDancehallフェノの間の交配から来ます。その結果はその後Juanita la Lagrimosaと交差して薬効成分をさらに強化しました。

室内でこの株を栽培させるには、かなり大きくなるので少し経験が必要になります。その長い構造のために、1平方メートル当たり16株を置くことを勧めます。600ワットのライトの下で育つと、たった8週間の開花期間の後に収穫の準備ができます。

屋外では、この株は極端に寒い気候で成長する事で知られていて、他の株が生き残れないかもしれない寒い地域でもそれを育てることを可能にします。この植物の節の間にはかなりの距離があり、それは一株あたり最大700gの収穫が出来ます。

他のCBD株とは異なり、この株はかなりの高揚感を提供し、大麻から来る素晴らしい効能とCBDの利点を最大限に活用したい人には最適なチョイスです。風味は若干のフルーティーなヒントで柔らかくスパイシーです。

ダンスワールド(Dance World)まとめ

ブリーダー:            Royal Queen Seeds

種子の種類:フェミナイズドシード(雌株)

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:サティバ優勢ハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:ミディアム

収穫量:    ミディアム

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:アース、ウッディー、パイン(松)、ライム

[Euphoria]

ユーフォリア(Euphoria)は、CBDが豊富な品種を探している患者にとって間違いなく素晴らしいチョイスです。ホワイトシャーク(White Shark)とジュアニータ ラ ラグリモーサ(Juanita La Lagrimosa)を交配させることによって、Royal Queen Seedsは非常に高いCBDレベル10%とわずか9%THCの植物を作りました。このような高いCBDレベルは様々な病気の治療に適しています。

・カテゴリー

35%SATIVA – 65%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ホワイトシャーク(White Shark) x ジュアニータ ラ ラグリモーサ(Juanita La Lagrimosa)

・生育する高さ

インドア 60~100cm

アウトドア 120~150cm

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8週 最大450~500g /m²

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

収穫期10月上旬  最大収穫量400~450g

・テイスト・フレイバー

ウッディー、パイン(松)、スイート

・効き目

ユーザーは徐々に効果が現れ始め、筋肉の緊張がほぐれていくことに気付くでしょう。頭はクリア―になり、複雑な事を実行したり、会話を続けたりできることに気付くでしょう。医学的には、このような鎮静作用は慢性的な痛みや痛みを減らすのに役立ち、そして不眠症を和らげるのに役立ちます。幸福感の効果は、不安によって引き起こされた困難を一時的に和らげるのに役立つかもしれません。

・商品概要

ユーフォリア(Euphoria)は、2015年のHigh Life Hemp Fairで1位を獲得しました。Euphoriaが驚くべき品質の品種である事は不思議な事ではありません。その10%THCと9%CBDで、Euphoriaは医療大麻の世界に重要な貢献をしました。

名前が示唆するように、この株は高い陶酔感を生み出すことができます。それは実際には65%のインディカと35%のサティバですが、ユーフォリアはサティバが優勢であると考えるかもしれません。

屋内で栽培すると、収量450-500g /m²、高さ60-100cmの植物と申し分のない品質から期待できます。もしあなたが高く育てたいなら、べジ期を少し延長してください。そしてトッピングしてください。

屋外での栽培は、収量で450〜500g /植物、高さで120〜150cmを期待できます。10月上旬までに収穫される必要があります。最後の開花週が極端に暑い時期に入らないように注意してください。この品種は不安やストレスを和らげる効果が期待出来ます。

ユーフォリア(Euphoria)まとめ

ブリーダー:            Royal Queen Seeds

種子の種類:フェミナイズドシード(雌株)

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:インディカ優勢ハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:ミディアム

収穫量:    ミディアム

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:ウッディー、パイン(松)、スイート

[Fast Eddy Automatic]

ファーストエディーオートマティック(Fast Eddy Automatic)は、THCが低く、CBDが非常に豊富な、自動開花株です。この品種は一日中どのようなシチュエーションでも楽しむために完璧で、軽くて風味豊かな煙が欲しいならば、ちょうどいい品種です。成長スピード、高い収穫量、栽培しやすいという事実は、Fast Eddy Automaticをあらゆる経験レベルの生産者にとって良いチョイスです。

・カテゴリー

50%SATIVA – 40%INDICA‐10%Ruderalisのハイブリッド

・遺伝子

ジュアニータ ラ ラグリモーサ(Juanita La Lagrimosa) x チーズ(Cheese) x ルーデラリズ(ruderalis)

・生育する高さ

・生育する高さ

インドア 60~100cm

アウトドア 80~120cm

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

発芽から8~9週以降に収穫可 最大400~450g/m²

・テイスト・フレイバー

スカンク、ムスク、パイン(松)

・効き目

チーズ遺伝を受け継ぐ性質のために、完璧な肉体的バズと頭脳に広がる陶酔感を感じられます。スペイン産Juanita la Lagrimosaの性質は、安定したCBDレベルが物語っており、ユーザーを深い瞑想へと誘います。

・商品概要

ファーストエディーオートマティック(Fast Eddy Automatic)は、その名の通り種子から収穫まで約8〜9週間で完成します。この品種はグロワーの知識、技術、経験があるかに関係なく、高い収穫量を生み出す可能性を秘めています。夏が短い地域での屋外栽培に適しています。

インドアの環境でFast Eddyは、収穫時点で60〜100cmの高さに達しており、最大450g / m 2の収量が得られます。アウトドアでは、80-120cmの高さに達します。良い条件下では、一株で80〜130グラムの生産ができます。

ファストエディの喫は非常に集中的な柑橘系スカンクの香りと風味を生み出します。誘導された陶酔感は、THC含有量がかなり低いために9%に過ぎず、頭脳をクリア―にし快適です。しかし、医療ユーザーが求めているのはCBDとその幅広い効果であり、それをFast Eddyがかなり提供しています。

ファーストエディーオートマティック(Fast Eddy Automatic)まとめ

ブリーダー:            Royal Queen Seeds

種子の種類:            オートシード(自動開花株)

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:自動開花

インディカ/サティバ:              インディカ優勢種

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            ミディアム

収穫量:    ミディアム

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:スカンク、ムスク、パイン(松)

種子についてのご質問は

wickr meをインストールして
ID”dofront1111″
までどうぞ。

Google Play で手に入れよう

この記事を書いた人