2019年8月最新版モネロ(XMR)ウォレットの使い方説明書

暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます。

日本中、大麻解禁に向けた運動が活発化してきました。
実際それらの成果も現れています。

毎日僕のところに、日本で大麻に関わっている人の情報が入ってきますが、
つくづく思うのは、
大麻栽培を始められて人がめちゃくちゃ増えたことです。

もちろん違法なことで、見つかれば逮捕されるのですが、見つからなければ逮捕されません。
当然ですが。

当局が発表している大麻事犯の検挙数は近年うなぎのぼりですが、
それ以上に大麻を使用し始めた人は増えています。
分母の上昇率を逮捕率が上回っており、もうそろそろ日本でもどうしようもなくなってきています。
大麻取締法は、有名無実と化してきております。

さらに、大麻栽培する人は激増しているといってもいい状況です。
検挙数は微々たるものだからです。
ほとんど逮捕されないのです。
感覚的に99.9%見つからない感じです。

大麻栽培で見つかりやすいパターン

見つかっている人に共通することは、大規模に複数人で運営されている、ということです。
大麻で逮捕されるとしたら職質と密告しかほぼあり得ません。

職質は、よっぽどそれと疑われるような格好をしていないと滅多にされるものではないし、
職質に素直に協力する必要もないわけです。

とすると発覚するのは誰かが、警察に通報したか、逮捕されて供述したか、いずれかです。
やはり、人の口に戸は立てられません。

僕は毎日何十人もの当事者からリアルな話を聞いています。
ツイッターの5000人近いフォロワーさんからも情報が入ってきます。
このですのでこのお話はある程度信頼していただけると思っています。

ということで、これを使いましょう。

モネロ

僕が通信販売で大麻を売っていた時には仮想通貨なんて便利なものはまだ普及していませんでした。
でも、今は普通に通貨として認められた立派なお金です。

僕が人に知られたくない色々なものを購入するなら絶対モネロ(XMR)を使います。

銀行口座で人に知られたくない、オナホールやバイブを購入したら、あとで調べたらバレてしまいます。
でもモネロで購入したら?
一切情報が残りません。
CIAやMI6が調べても誰が誰にいくら送金したかわかりません。
しかも国境もありません。
こんな便利な物今までありませんでした。
必ず使いこなしてください!

この記事では実際にこれを使う時、どうすればいいか?

ある方の協力を得られることができました。
それを解説したいと思います。

iPhoneの場合

あなたのスマホがiPhoneならば「Cake Wallet」というとても優秀なウォレットがあります。

Cake Walletを使用してモネロ(XMR)を使用する方法

注意点:仮想通貨は日々レートが変動していますので、取引のタイミング次第では損する事も得する事もある事をご承知おきください。
そういった事がないようにするためにも、なるべく素早い取引を心掛けることをお勧めします。
それとレートが下がると用意したモネロの価値が下がってしまうので、必要額よりも数千円は多くモネロを用意する事をお勧めします。

手順1 Cake Wallet for XMR Moneroをインストールする。

まずいつもアプリをインストールする要領でAppstoreから「Cake Wallet for XMR Monero」を検索しインストールします。
起動すると下記の画面になりますのでAcceptを押し利用規約に同意します。

手順2 ウォレットを作成する。

まずウォレットを新規に作成する必要があるので上の新規作成ボタンを押します。
するとウォレットにアクセスするためのPINコードの設定を求められるのでお好きなPINコードを設定してください。
右上のボタンを押せば6ケタのPINコードを設定することも可能です。

この設定が終わると次はこのウォレットの復元用のシードという英単語の羅列が表示されます。
この羅列はiphoneの紛失・破損等し、ウォレットを復元する際に必ず必要になりますので、絶対にメモやスクリーンショットなどを残すようにしてください。メモしたら次の画面に移りましょう。

すると下記の画面に移ります。これがアプリのトップ画面です。

とりあえず右下の設定ボタンから各種設定を行いましょう。
右下のボタンを押すと下の画面に変わります。
現在のままでは通貨表示が米ドル表記で分かり辛いため、設定の通貨欄をタップし、JPY表記へ変更しましょう。

それとプライオリティ手数料というところをSlowの設定にしましょう。
これは送金したモネロがどれ位で相手に着金するかの設定です。
より早い設定にした方が早く着金しますが、より多くの手数料が掛かります。
決して高額なわけではないですが、特別早い必要もないと思うので通常はSlowで問題ないと思います。
(送金手数料はなんと1円以下!銀行はオワコンです!)

それと赤丸の生体認証を許可という所をONにすると指紋認証や顔認証でログイン出来るようになります。
ただ生体認証にはデメリットもあることを理解した上で利用して下さい。
(例えばPINコードは誰にも喋らなければ他人が解除出来ないですが、生体認証は他人が本人に無理やり解除させる事が可能です)

手順3 使う!

受け取り

トップ画面で「受け取り」ボタンを押します。
すると下記の画面になりますのでこの画面のスクリーンショットと記載されているウォレットアドレスを取引相手へwickerなどで教えてあげてください。
相手に実際に送金して貰うと右の図の様な表記が出現します。
まだこの時点では送金は完了していませんが、じきに保留の文字が消えて正式にウォレットに入金されます。

因みにこの保留の表記が中々現れない場合はウォレットの同期がまだ済んでいない可能性があります。
その場合は赤丸で囲んだ部分が同期済みになっているか確認してください。
海外フォーラムの情報によるとアプリを表示していなかったり、スリープモードにしていると同期がいつまで経っても完了しないとの報告があります。
ですので同期済みと表示されていない場合、同期が完了するまでこの画面を表示した状態で放置してください。
(iphoneの設定からスリープにならない様にする事をお勧めします。)

後は右上の更新マークを押してみて下さい。すると改善すると思います。

送金

モネロを入手したらいよいよ次は送金です。トップ画面左側の送金ボタンを押して下さい。

すると下記の画面に変わります。
相手のQRコードを読み取るか相手から受け取ったウォレットアドレスをペーストする事で送り先を指定できます。
その後は取引相手と話し合って決めた金額を一番下の欄に記入する事で送金額を指定できます。
その後いくつかのポップアップが表示されますが、送金内容に問題がなければ全て「OK」を押して問題ないです。

その後右側の画像の画面に戻ったら左上の×ボタンを押して終了です。相手に送金したことを伝え、相手のウォレットに着金するのを待ちましょう。

androidの場合

Monerujoを使用してモネロ(XMR)を使用する方法

注意点:仮想通貨は日々レートが変動していますので、取引のタイミング次第では損する事も得する事もある事をご承知おきください。そういった事がないようにするためにも、なるべく素早い取引を心掛けることをお勧めします。それとレートが下がると用意したモネロの価値が下がるってしまうので、必要額よりも数千円は多くモネロを用意する事をお勧めします。

手順1 Monerujoをインストールする。

まずいつもアプリをインストールする要領でGooglePlayから「monerujo:Monero Wallet」を検索しインストールします。また権限の許可を求められたら許可して下さい。

手順2 ウォレットを作成する。

まず右下の+ボタンを押します。すると更にボタンが出現するので一番上のボタンを押します。

次の画面でウォレットの名前(何でもいいです。)とパスワードを入力し、作成のボタンを押します。

そうすると下記のような画面になると思いますのでこの画面に書いてある情報を必ず書き写すか、写真を撮るかしましょう。
最悪ニーモニック・シードと書かれている部分さえ記録しておけば何とかなります。
そして記録に残したら「ニーモニック・シードをメモしました」というボタンを押してください。
以上でウォレットの作成は完了です。

手順3 ノード(ネットワークを同期する接続先)を設定する。

次にノードの設定をします。
単に使う分にはノードとは何か知る必要はないですが興味のある方はGoogle先生に聞いてみてください。
虫眼鏡のマークをタッチします。

すると右下に「ノードを追加」というボタンが出現するのでそれを押すと下記のポップアップが出てきますのでホスト名、ポートと書かれた所に下記のリストの中からお好きな物を3個か4個くらいチョイスして入力してください。

ホスト名                                                ポート

opennode.xmr-tw.org                         18089

node.moneroworld.com                      18089

node.xmrbackb.one                           18081

node.xmr.to                                       18081

nodes.hashvault.pro                             18081

node.supportxmr.com                        18081

willrunanodesoon.moneroworld.com     18089

いくつかのノードを登録したら、スマホの戻るボタンを押して最初の画面に戻って下さい。

表示されていれば正しく設定されています 。

手順4 使う!

トップ画面でウォレットをタップします。
するとパスワードを求められるので先ほど設定したパスワードを入力してください。
すると下の画面になります。
今あなたは初めてウォレットを開いたので赤丸で囲った所の様な表示になっていると思います。
あなたのスマホにこの表示が出てる間は同期中ですので右の画面に変わるまで辛抱強く待っていて下さい。

この待っている間にも受け取りは可能なので、すぐに使いたい人はモネロを誰かから受け取りましょう。
(自分で取引所から入手して送金するのでもOKですが、そういう人はこの記事を見ていないと思うので説明は省きます。)

受取

左の受取りボタンを押したら次の画面の上部に表示される公開アドレスをコピーして取引相手に欲しい金額と共にwickerなどで送って下さい。取引が始めてだと伝えれば分からない事などは教えてくれるでしょう。

ただ受け取りには少し時間が掛かりますので2・3時間位は待ってみて下さい。
早い時は30分位で受け取れますがマチマチです。
(初回時や復元時はかなり時間が掛かると思います。)

送金

モネロを受け取ったらいよいよ送金です。
相手からウォレットのアドレスかQRコードを送ってもらいましょう。
コピペのミスを防ぐためにも可能ならQRコードを送って貰う方が望ましいと思います。

「送金」と書いてあるボタンを押したら上の受け取り手と書いてある場所にアドレスをペーストするか、下のスキャンと書いてある所を押してQRコードを読み取ってください。

そしたら右の画像の画面になると思うのでココで送金する数量を指定します。
この数量は取引相手と話し合って決めて下さい。
左のボタンを押すとモネロを基準にするか日本円を基準にするか選べます。
確認ボタンを押すと下の画面に移ります。
入力内容が正しい事を確認したら「モネロを送金する」ボタンを押して下さい。
するとパスワードを求められるのでパスワードを入力します。
送金成功という画面が表示されたら成功です。
取引IDをコピーして相手に知らせて上げてください。
以上で送金方法の説明です。あとは相手が着金したことを確認したら終了です。

まとめ

何かご質問ありましたらwickr meをインストールして
keity717
までお気軽に!

Google Play で手に入れよう

この記事を書いた人