シードバンクアーカイブス 第四回 「TGA Subcool Seeds」3/5

TGA Subcool Genetics

TGA Subcool Seeds

強力な効力で有名なシードバンクTGA Subcool Seedsの品種第三弾です。

[Jack Skellington] 

Jack Skellington

ジャックスケリントン(Jack Skellington)は、70%サティバ優位性を持つ高さと幅の広いプラントであり、屋内、屋外と温室栽培のどれにでも適しています。

Killer Queenの特性に、トリコーム生産量の高さとシトラスのフレイバーを追加するためジャックザリッパー(Jack The Ripper)を掛け合わせました。。

 

・カテゴリー

70%SATIVA – 30%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

キラークィーン(Killer Queen) x  ジャックザリッパー(Jack The Ripper)

・生育する高さ

高い

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8~9週。

・育て方

トッピングを行い、スクリーンオブグリーン(SCROG)をする事をお勧めします

・テイスト・フレイバー

シトラス、フルーティ、ライム

・効き目

ジャックスケリントンは即座に効果が表れ、幸福感、精神的な明快さを引き起こし、創造性を高めます。

吸引しすぎると混乱してしまう事があります。使用量に関しては慎重に行った方がよいでしょう。

・商品概要

ジャックスケリントン(Jack Skellington)は、キラークイーン(シンデレラ99 x G-13)の中でもトリコーム生産量に優れているG-13優勢型を選択し、それを雄のジャックザリッパー(Jack The Ripper)と交配させて、高いトリコーム生産と柑橘系の味のある品種を生み出しました。

サティバが優勢であるにもかかわらず、ジャックスケリントンはその非常に強力なバッズを生産するためにわずか8週間で収穫を迎えられます。

槍形の、濃くて密集したライムグリーンのバッズは、とがった先端を持ち、トリコームで溢れています。CBDレベルは非常に低いですが、この品種は初心者には強すぎて向いていません。

医学的効能として、ストレスや不安を和らげるのに最適です。陶酔的な性質は気分障害を調整するのを助けるかもしれません、そして片頭痛や頭痛を軽減すると言う評価もあります。。

Jack Skellington2

ジャックスケリントン(Jack Skellington)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            超強力

収穫量:    ミディアム

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:シトラス、フルーティ、ライム

[Jack Straw] 

Jack Straw

ジャックストロー(Jack Straw)は、タッチオブグレイ(Touch Of Grey)とジャックザリッパー(Jack The Ripper)をクロスした、THCモンスターです。24%という非常に高いTHCレベルで、それはビギナーにとっては試練であり、そしてベテランユーザーにとっても挑戦と呼べるほどの強力さです。

 

・カテゴリー

80%SATIVA – 20%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

タッチオブグレイ(Touch Of Grey) X ジャックザリッパー(Jack The Ripper)

・生育する高さ

中程度~高め

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期9~10週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期9~10週。

・育て方

トッピングをして丸くふさふさと育てて、1メートルくらいに留める事をおすすめします。

・テイスト・フレイバー

シトラス、アース、レモン、スイート

・効き目

使用後体に広がるリラックスと活力、そして痛みなどを緩和します。

使用時の気分によって効果は変わり、アクティブで気分の軽い時には、少量でエネルギーを与えます。疲れている時にはより疲れさせてしまうかもしれません。

ビギナーの方は効果が強すぎて、不快に感じるか、悪い妄想にかられるかもしれないので、慎重に使用する事をおすすめします。

・商品概要

ジャックストロー(Jack Straw)は、信じられないほど強力なマリファナです。

 研究室はそのTHC含有量のためにテストしました、そして結果は24%と途方もなく高い値に非常に驚きました、

このTHCモンスターを作成するために、チームはタッチオブグレイ(Touch Of Grey)とジャックザリッパー(Jack The Ripper)を交差させ、80%Sativa / 20%Indicaハイブリッドを生み出しました。

ジャックザリッパーの遺伝子から、開花期の間に高さを伸ばします。

その活発な成長を促して、そして収穫量を最大化するために、正確にトリミングされるべきです。

完全に成熟すると、バッズはまるで凍りついて霜で覆われているかのように無数の光沢のあるトリコームで散りばめられています。

一方、医療利用者は、不安、ADHD、鬱病、ならびに軽度の疼痛緩和に役立つと言われています。

Jack Straw2

ジャックストロー(Jack Straw)まとめ

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            超強力

収穫量:    ミディアム

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:シトラス、アース、レモン、スイート

[Jack the Ripper]

Jack the Ripper

 

ジャックザリッパー(Jack the Ripper)は、伝説的なJack’s CleanerクローンをSpace Queenと交配させることでシードラインとして再現することを目的に、Jack The Ripperを作成しました。交配の結果、 サティバ優性大麻ハイブリッドの中でも開花が早く8週間で終わります。

 

大きな特徴として大量のトリコームと、素晴らしいレモンキャンディーのテイストに、シトラスの香りと風味です。イギリスのグロワーは、この品種を史上最高のヘイズだと評価しています。

 

・カテゴリー

70%SATIVA – 30%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ジャックズクリーナー(Jacks Cleaner) X スペースクィーン( Space Queen)

・生育する高さ

中程度

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8~9週。

・育て方

トッピングをしないで、可能な限り生い茂るようべジ期は十分に与えてください。

・テイスト・フレイバー

シトラス、フローラル、レモン、マンゴー

・効き目

使用者のマインドが濃い霧の中に迷い込んだかのような強力な効果を持ち、サイケデリックであると言えるでしょう。

エネルギーを与え、脳を活性化、そして多幸感の波が押し寄せ気分を高めます。

脳への作用は非常に強いですが、マイルドなボディーハイの方が感じるので、脳への作用を認識することあまりありません。

・商品概要

ジャックザリッパー(Jack the Ripper)は、「この品種の最も優れた点は、どの種よりも他の種との交配に優れていることです」とSubcool氏は言います。

強いレモンの香りが良いアクセントを付けるのと、植物自体の丈夫さ、凄まじいほどのトリコーム生産などが交配の末良いアクセントを加えます。

プラントは巨大で丈夫なのでクローンを行うのが簡単であり、初心者にも適しています。暖かい気候を好み、屋外では大きな茂みとなり、室内ではシーオブグリーン(SOG)スタイルでも育ちます。適度な栄養を与え、それらは霜で覆われたミニチュアのクリスマスツリーのようになり、わずか3フィート(1 m)の高さで8〜9週間で完成します。

脳の効果が壮観ではなく刺激的なので、日中の使用に理想的です。

慢性的な痛みや筋肉のけいれんを和らげることができます。そして、ストレス、不安、うつ病を和らげるのに役立ちます。患者は片頭痛、悪心、緑内障、炎症、および食欲不振にもこの品種を使用することがあります。

Jack the Ripper2

ジャックザリッパー(Jack the Ripper)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            超強力

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:シトラス、フローラル、レモン、マンゴー

[Jacked Up]

Jacked Up

 

ジャックドアップ(Jacked Up)は、サティバのジャック・ヘラー(Jack Herer)と強力な雄株タイムウレック(Timewreck)との組合せから生まれたサティバ優勢のハイブリッド(60/40)です。昼間の使用が推奨され、活動的にし創造力を刺激します。トリコーム生産量も素晴らしいのでコンセントレートを作るのに適しています。

 

・カテゴリー

60%SATIVA – 40%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ジャック・ヘラー(Jack Herer)x タイムウレック(Timewreck)

・生育する高さ

高い

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期9~10週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期9~10週。

・育て方

早期からトッピングを始め、少なくとも2、3回行うことで主要コーラを増やして下さい。

そしてべジ期を長めに取る事をおすすめします。

・テイスト・フレイバー

ベリー、ムスク、サンダルウッド、スイート

・効き目

効き目は絶大で、その強力な効果は、まず初めに脳に効き始め気分を高めます、そして活動的になりますので昼間の使用に向いています。多幸感に包まれ最高の気分を味わえるでしょう。

・商品概要

ジャックドアップ(Jacked Up)は、栽培を始めてから素晴らしい活力で大きく成長する、とても育てやすい植物です。

緻密なバッズを生みだす太くて長い枝を持つ中高サイズのプラントです。

バッズの重さに耐えられるようサポートを使用した方が良いでしょう。

高い収穫量と約9〜10週間の開花期間を持ち、トリコーム生産量の高さで芳醇な香りのするバッズは、紫色の色調を帯びる傾向があります。

屋内では、 1〜3リットルの小さなポットから始まるシーオブグリーン(SOG)、あるいは 数週間で大きな表面を覆うことが容易なスクリーンオブグリーン(SCROG)など、あらゆる栽培技術に適応する品種です。

収穫時のバッズコンパクトで、葉もとても小さく、マニキュアはほとんど必要ないのもグロワーにとって嬉しいニュース。

ジャックヘラー(Jack Herer)のように開花時の匂いは非常に強く、カーボンフィルターを使用しなければならないかもしれません。

ジャックドアップ(Jacked Up)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            ミディアム

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:ベリー、ムスク、サンダルウッド、スイート

[Jacks Cleaner 2]

Jacks Cleaner 2

 

ジャックズクリーナー2(Jacks Cleaner 2)は、遺伝的にマザープラントJack’s Cleanerに近く、これはコレクターの中で確固たる地位を築いています。

特に強烈なハイを好むヘビーユーザーの間での人気が高く、効果は非常に強く、サイケデリックで、典型的なサティバ優勢種のプラントです。

フレイバーはレモンとハッシュの見事な香りも特徴の一つです。

 

・カテゴリー

90%SATIVA – 10%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ジャックスクリーナー(Jack’s Cleaner)x ジャックザリッパー( Jack The Ripper)

・生育する高さ

中程度

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期9~10週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期9~10週。

・育て方

水耕栽培やエアロポニックでも素晴らしい結果を得ることができますが、最高の風味を得るために土壌で有機栽培することをお勧めします。

・テイスト・フレイバー

シトラス、レモン

・効き目

典型的サティバ優性ハイブリッドで、エネルギッシュかつ陶酔感があります。

初心者にはこの品種は少し強すぎて、緊張感や妄想が激しくなる可能性があるので注意して使用する必要があります。不安やストレスを取り除いて、疲労、炎症、緑内障、片頭痛および気分障害を助ける素晴らしい医学的作用があります。

・商品概要

ジャックズクリーナー2(Jacks Cleaner 2)は、都市伝説的存在であったジャックリーナーの戻し交配。ジャッククリーナーは非常に強力な大麻で、愛好家やコレクターの間で長年好まれており、現存する品種の中でおそらく世界最高峰のサティバハイブリッド。

典型的なサティバのように成長し、8〜10週間の花の時期まで膨らみ続けるバッズと、素晴らしい香りと絶妙なテイストに、トリコームに覆われた素晴らしいバッズを生み出す、活発で背の高い植物です。

圧倒的トリコーム生産量、強烈とも言える甘いレモンの香りと、サワーな風味が最も顕著な特徴の一つです。

効果は非常に強く、サイケデリックで、多幸感に包まれます。

THCの含有量が高いため、食欲を刺激するだけでなく、優れた鎮痛薬にもなります。

コンセントレートを作るのにも適しており、レモンの香りを残すので、非常においしいバブルハッシュを作り出します。

Jacks Cleaner 2 2

ジャックズクリーナー2(Jacks Cleaner 2)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            強力

収穫量:    ミディアム

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:シトラス、レモン

[Jesus OG]

Jesus OG

 

ジーザスオージー(Jesus OG)は、フルーティーな香りと鎮痛作用を持つインディカ優勢なハイブリッド。

精神的にも肉体的にも理想的なバランスの効果を与えます。

さわやかなレモンの風味で、THC含有量は平均20%と高いのも魅力のひとつです。

 

・カテゴリー

20%SATIVA – 80%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ヘルズオージー(Hells OG) Xジャッククリーナー(Jack’s Cleaner)Xスペースクイーン(Space Queen)

・生育する高さ

高い

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8~9週。

・育て方

早期のトッピングを行い、バッズの生産量を最大限に引き出すためにラウンドブッシュ(丸くふさふさと生い茂るように)トレーニングすると良いでしょう。

・テイスト・フレイバー

シトラス、フルーティー、レモン

・効き目

効き目は使用がすぐに現れ、イマジネーションが高まるので新しい発想が浮かび、創造性をサポートするのに効果があります。

視覚、聴覚をの感覚を鋭くさせるという評価もあり、少しサイケデリックな要素があります。

体に対してもリラックス強いリラックス効果があり、筋肉の緊張を解くが期待できます。

・商品概要

ジーザスオージー(Jesus OG)は、まずはオージークッシュ(OG Kush)の系統を比較し、希少なプラントを探しました。そして他のすべてのものよりも高品質のプラントを見つけましたそれがヘルズオージー(Hells OG)でした。。

TGAが誇る品種との交配の末、優れた結果をもたらしてくれました。

強烈なレモンの香りと多量のトリコーム生産に、OGクッシュ特有のサワーテイスト。

理想的な、リラックス効果で、強力なインディカ優位性を保つ高レベルTHCとどこをとっても文句なしの一品です。

屋内、屋外どちらでも問題なく栽培することができますが、典型的に背の高い植物で、制限なく伸びる野外環境の方が向いていると言えるでしょう。

しかし、屋外栽培では、昼間の気温が華氏21℃以上の暖かい地中海風の気候が求められます。

Jesus OG2

ジーザスオージー(Jesus OG)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              インディカ優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            超強力

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:シトラス、フルーティー、レモン

[Jillybean]

Jillybean

 

ジリービーン(Jillybean)は、インディカ優勢なハイブリッドで、マンゴー、パイナップルと、ゼリービーンズを合わせたような味が特徴です。

収穫の際にはライムグリーンと刺激的なオレンジ色の毛で覆われ、この世の植物とは思えないほどの美しさです。

温度を下げ過ぎると、深いバーガンディまたはあずき色になるかもしれないのでその点気をつけて下さい。

 

・カテゴリー

60%SATIVA – 40%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

オレンジスカンク(Orange Skunk) X ロムラン( Romulan) Xシンディー99(Cindy99)

・生育する高さ

低く横に広がる

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8週。

・育て方

トッピングは一度だけで、サイドブランチと複数のヘッドが育ちきちんと短いブッシュを形成するでしょう。茎は大きく、一番上のコーラは巨大で、どんな培地でも育てやすく、特にシーオブグリーンでも簡単に育ちます。

・テイスト・フレイバー

フルーティー、マンゴー、オレンジ、パイナップル、スカンク、スウィート

・効き目

ジリービーン(Jillybean)は、ユーザーは心地よい陶酔感を感じてエネルギーを満たし、気分を高めます。それでいて穏やかで、なだめるような体のリラックスを伴います。

脳への影響は、特に経験の浅いユーザーにおいてめまいや笑いを刺激する可能性があります。

ベテランユーザーは、創造性と社交性を高める作用を感じるでしょう。。

・商品概要

ジリービーン(Jillybean)は、一日中どんなシチュエーションでの使用に適しています。

その気分を高める作用と活力を与える効果は、ストレス、不安、およびうつ病に対処するのに役立ちます。このストレインは、月経痛や痛みなど痛みを和らげることができますが、激しい痛みは和らげません。一部の患者は、片頭痛や不眠症を和らげるために使用しています。

この株は、屋内でも屋外でも栽培に向いていて、シーオブグリーン(Sea of​​ Green)の栽培方法に適しています。低く短いブッシュにするために一度だけトッピングする必要があり、どんな栽培者でも簡単に育てることができます。8〜9週間で開花し、この株は1平方メートルあたり約300グラムを生産し、18%までのTHC数を持っています。

ジリービーン(Jillybean)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              SATIVA優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            超強力

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:フルーティー、マンゴー、オレンジ、パイナップル、スカンク、スウィート

[Kaboom]

Kaboom

 

カブーム(Kaboom)は、2つの有名な品種をブレンドすることによって生まれたハイブリッドです。優秀な遺伝子の交配の結果、とても背の高いプラントで、非常に高い収穫量を生み出すことに成功しました。

開花期間は長めですが、60〜75日間待つ事は、心地よいアロマと風味を持つ強力なバッズで報われます。

 

・カテゴリー

85%SATIVA – 15%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

ジャックズクリーナー(Jacks Cleaner) X ボーテックス( Vortex)

・生育する高さ

とても高い

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期9~10週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期9~10週。

・育て方

トッピングをしてヘッドを増やして、開花期のスタートは、その時点でのプラントの高さから3倍は伸びる事を予測してタイミングを見て行って下さい。

・テイスト・フレイバー

ベリー、シトラス、レモン、パイナップル、サワー、スイート

・効き目

カブーム(Kaboom)は、雷が落ちた時の音と言う意味で、その名の通りのインパクトを持っています。ユーザーの気分を高め、全身をエネルギーで満たすことができます。

即効性のある強力な作用が脳で爆発します。

ベテランユーザーは、この品種の創造性と集中力を刺激する点に気付くかもしれません。

何人かのユーザーはモチベーションを高めるのに最高と評価しています。

・商品概要

カブーム(Kaboom)は、サティバのマスターピースです。レモンヘイズの遺伝子を組む伝説的ジャックズクリーナーに、ボーテックス(Vortex)の成長傾向をミックスする事で素晴らしい品種をそのままに収穫率を上げる事に成功しました。

Kaboomは開花期に極端に伸びます(3倍の伸びを期待してください)、ですので早めに照明を12時間に切り替える事が勧められます。

その名の通りの爆発的なトリコーム生産し、バッズが艶がかっているのも特徴の1つ。

バッズはスカンクとハッシュをミックスしたような、熟し過ぎた果実の香りをしみ出します。

ストレスや不安障害の症状を緩和するように、そして慢性的な軽い痛みや痛みを和らげるために処方されます。

Kaboom2

カブーム(Kaboom)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              SATIVA優勢のハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            マイルド

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:ベリー、シトラス、レモン、パイナップル、サワー、スイート

[Killer Grape]

Killer Grape

 

キラーグレープ(Killer Grape)は、Vic Highsのキラークィーン(Killer Queen)を買収し、TGA自慢のクェークル(Querkle)と組み合わせて生まれたハイブリッドです。

それは全く新しく驚くべき結果を生みました。

クェークル(Querkle)をミックスすることで、ノード間隔とフレーバーを引き締め、美しい紫色を出す事を目的として開発されました。

 

・カテゴリー

50%SATIVA – 50%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

キラークィーン(Killer Queen)x  クェークル(Querkle)

・生育する高さ

中程度

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8~9週。

・育て方

トッピングを2-3回行って複数の分岐を生み、十分にべジ期を与えてあげる。Sea Of Greenを行う事をおすすめします。

・テイスト・フレイバー

アース(土っぽい)、フルーティ、ブドウ、スパイシー

・効き目

効果は強く速く全身を駆け巡り、顔や頭、体全体に麻酔をされたような心地よい痺れを感じるでしょう。

・商品概要

キラーグレープ(Killer Grape)は、中規模で頑丈なマリファナの植物で、たくさんの大きなバッズを素早く作り出します。育てるのが比較的簡単な品種です。

Killer Grapeは、特に温帯/地中海気候や温室の保護下で、屋内でも屋外でも優れた結果をもたらします。大量のトリコームが生産されるため、抽出するのに最適です。

キラーグレープの風味と香りは、グレープ、スウィートフルーツ、スパイス、ハッシュ、そして土の香りがします。それは身体的にも脳にも強力で長期にわたる効果をもたらします。

キラーグレープ(Killer Grape)まとめ

エフェクト

効能

副作用

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              50%SATIVA – 50%INDICAのハイブリッド

環境:      屋内、屋外 共に向いている

効果の強さ:            ミディアム

収穫量:    ミディアム

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:アース(土っぽい)、フルーティ、ブドウ、スパイシー

[Lemon Stilton]

Lemon Stilton

 

レモンスティルトン(Lemon Stilton)は、TGA Subcool Seedsが開発してきた中でも、非常にバランスの取れたハイブリッドです。チーズの風味とジャック・ザ・リッパーの持つ強力な効力を組み合わせることで素晴らしいプラントが生まれました。フレイバーは酸味が強いキャンディーのような味がします。

 

・カテゴリー

50%SATIVA – 50%INDICAのハイブリッド

・遺伝子

エクソドスチーズ(Exodus Cheese) x ジャックザリッパー( Jack The Ripper)

・生育する高さ

中程度

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花時期8~9週。

・育て方

室内での栽培に向いていて、可能な限り大きな植木鉢に入れて育てる事と、支柱を行燈型にしてケージを作り枝を支える事をおすすめします。

・テイスト・フレイバー

サワー、レモン、チーズ、キャンディー

・効き目

大脳と全身に広がる陶酔感を与えます。始めに強力なしびれ感が続き、その後に高揚効果を持っています。気分を上げる作用があります。

・商品概要

レモンスティルトン(Lemon Stilton)は、細長いバッズを生み、低くふさふさと生い茂るようにプラントを形成します。収穫量を最大にするために、TGA Subcoolチームはトッピングをしてコーラを増やし、バッズの美しいキャノピーを得るために剪定をお勧めします。

56から60日続く開花期の間に、レモンスティルトンは密集した槍状のバッズを形成します、そして、それはすぐに大量のトリコームで覆われます。

パワフルなチーズとTHCレベルの高いジャックザリッパーを組み合わせにより、甘みと酸味が特徴で、素晴らしいアロマを放ちます。

Lemon Stilton 2

レモンスティルトン(Lemon Stilton)まとめ

ブリーダー:            TGA Subcool Seeds

種子の種類:            レギュラーシード

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              50%SATIVA – 50%INDICAのハイブリッド

環境:      屋内に向いている

効果の強さ:            ミディアム

収穫量:    ミディアム

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り:サワー、レモン、チーズ、キャンディー

翻訳協力

LA支局長のsolitaire2038さん。

LA支局長へご相談は

wickr meをインストールして

“solitaire2038”

までどうぞ。