Skunk Autoflowering

  • 2019.01.09
Skunk Autoflowering

Skunk_Auto

スカンクオート(Skunk Autoflowering)は、定番中の定番スカンクとカザフスタン産の純粋なルデラリスとの交配です。

素晴らしい収穫量を約束します。

 

・カテゴリー

30%SATIVA – 60%INDICA – 10%Ruderalisのハイブリッド

 

・遺伝子

スカンク X ルデラリス

 

・生育する高さ

高い90~120cm (平均の枝間距離7~12センチ)

 

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期7週。800g/m2(1000W HPS)での収量。

オートではあるが照明時間を12時間。消灯時間を12時間にすれば開花期に入ります。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花期間を7週にし、80g~100gほどは一株から得られるでしょう。

 

・テイスト(燃焼時)

スカンク、夏の花、ユニークな香り

・フレイバー(未燃焼時)

土っぽさ、ローズ、夏の花の香り。

 

・バッズの形状

ライトグリーンのバッズに毛は黄色で、蕾は大きめ。

 

・効能の持続

速めに効き、強く長く持続する。

 

・効き目

体と大脳に響く心地の良いトリップ感

 

・商品概要

スカンクオートは、ルデラリスとの交配により、優れた性能を発揮するオートフローリングが行われ、とてもアクティブに成長し、その高い生産性で一株あたりの収穫量が80-100グラムほど収穫が見込めます。

構造は枝の多く、大きな節間にたくさんのバッズが付きます。

この品種は平均的な高さの植物で、高さを90 120-cmに到達させたときには、最高の性能を発揮します。

スカンクオートは強い枝と緑豊かな葉を作り、成長期の最初の2週間に高速で広がっています。

葉は非常に分厚く濃い緑色です。

約7週間の開花時期の後に、2週間以内の収穫をお勧めします。

香りと風味は土の香りの中にほのかに香るキャラメルのような香りが独特です。

バッズそのもの香りが、燃焼後の非常によく混ざり合います。

開花時にECレベル2.0まで、栄養素を取ることができます。

植物自体強く、30度の高温下においても苦しむことはありません。

バッズは最初の開花が遅いですが、最後の数週間の間に非常に急速に発展します、

 

生産者は収穫の終わりの短い期間内に、その収穫の成熟度を選択することが可能となります。

まろやかなあじわいで、効果は早めに現れ、脳にと体にじんわりと広がる効果を持続的に感じるでしょう。

効果の複雑さは、元のスカンクに非常に類似しています。

スカンクオート(Skunk Autoflowering)まとめ

 

ブリーダー:            Strain Hunters

種子の種類:            メス株

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     オートフラワー(自動開花)

インディカ/サティバ:              インディカ寄りのハイブリッド

環境:      屋内、屋外両方とも向いている

効果の強さ:            強い

収穫量:    多め

種類:      ハイブリッド

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り/フレイバー:    土っぽい、スカンク

カテゴリの最新記事