Flowerbomb Kush

  • 2019.01.09
Flowerbomb Kush

Flowerbomb_Kush

フラワーボムクッシュ(Flowerbomb Kush)は、Green House Coffeeshopで2012 High Times Cannabis Cupの優勝品種です。

芳醇な香り、申し分ないクッシュなテイストに、強力なストーン効果があります。

 

・カテゴリー

30%SATIVA – 70%INDICAのハイブリッド

 

・遺伝子

グリーンクラック(Green Crack) x オージークッシュ( OG Kush)

 

・生育する高さ

中程度(平均の枝間距離7センチ以下)

 

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8週。800g/m2(1000W HPS)での収量。

 

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花期間8週、 大きく生い茂るように育ったプラントからは、生産量は株1キロほどになります。

 

・テイスト(燃焼時)

土っぽい、フルーティー、スイート

 

・フレイバー(未燃焼時)

クッシュ、土っぽい、オレンジ、バラ、ほのかにスパイシー

 

・バッズの形状

バッズは不規則に実をつけ、コンパクトで中身の肉厚に詰まっており、巨大なヘタがつきます。

樹脂はとても厚いのも特徴のひとつ。

砕いたバッズには粘着性があり、濃いグリーンがさらに濃い色合いです。

 

・効能の持続

早めに効き始め、持続性は長い

 

・効き目

効果は超強力で、最初は体中がリラックスし、その後、大脳へと効果が広がり、社交的、クリエイティブで、言葉では伝えきれないほどです。

 

・医薬品の品質

現在医学的効果については研究中

 

・商品概要

フラワーボムクッシュは、クッシュの中でも一番と言っていいほど伸びます。

長い枝にびっしりとバッズが付くのも特徴です。

葉は分厚く濃いグリーンで、少し黒みがかっており、重なり合う様に葉が付きます。

ECレベルは中程度(0.8-1.3)ほどで、水耕栽培でも良好に育つが、土耕栽培では香りとテイストがより甘くフルーティーになります。

 

バッズの形は不規則で、巨大な花弁がそびえたつ様に形成し、先端は丸くみを帯びる傾向があります。

とてもコンパクトかつ密集した肉厚のバッズになります。

樹脂はとても厚く、開花が終わりに達するとほとんどの葉にまで付きます。

Flowerbomb Kushは、最大の収穫量ではありませんが、この品種にしかない独特な品質を提供します。

吸い始めのフレーバーは、土っぽくOGクッシュにとても良く似ていますが、

フルーティの香りが爆発したかのように突き抜けます。

そして、少しスパイシーな香ばしさを残しつつキリッと歯切れのいい後味。

その効果はとても強力で、吸引後すぐに効き始め、体から大脳へと効き目が表れ、その効果を説明するには、本当に複雑で、感動的な体験をされるでしょう。

フラワーボムクッシュこそ 真のチャンピオン。

フラワーボムクッシュ(Flowerbomb Kush)まとめ

 

ブリーダー:            Strain Hunters

種子の種類:            メス株

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              インディカ寄りのハイブリッド

環境:      屋内、屋外両方とも向いている

効果の強さ:            強い

収穫量:    多め

種類:      ハイブリッド

医学的効果:            クリエイティブ、リラックス

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

香り/フレイバー:    土っぽい、フルーティー、オレンジ、スパイシー、スウィート

カテゴリの最新記事