Damnesia

  • 2019.01.09
Damnesia

Damnesia

ダムネジア(Damnesia)は言わずと知れた、人気の高い品種A.M.S.のオルタネイティブ、

AMSの遺伝を色濃く残しつつ、フレイバーに一味加わっており、フルーティでありながら木のナチュラルさがあり、芳醇な花の香りがありながらモイスチャーな深みがある。

とてもバランスのいい組み合わせで人気の高い品種です。

 

・カテゴリー

60%SATIVA – 40%INDICAのハイブリッド

 

・遺伝子

A.M.S X アムネシアヘイズ(Amnesia Haze)

 

・生育する高さ

中程度(平均の枝間距離8~10センチ)

 

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期9週。900g/m2(1000W HPS)での収量。

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花期間を8~9週にし、生産量はサイズに応じて一株1000g程になります。

 

・テイスト(燃焼時)

ウッディー(木の香り)、フルーティー、A.M.Sを感じさせるがサティバの深みがある

 

・フレイバー(未燃焼時)

サンダルウッド、ブラックペッパーの様なスパイシー

 

・バッズの形状

乾燥したバッズは長く、梨のような形で、小さなヘタがある。

トリコームは非常に濃密で分厚い。

バッズを裂くと、茶色がかった緑色に少し赤みが入った色合いです。

 

・効能の持続

速めに効き、独特の飛び、持続性は長い。

 

・効き目

サティバの要素が強く、社交的でありながら瞑想的な要素もあり、あなたのクリエイティブなマインドを刺激してくれるでしょう。

 

・医薬品の品質

食欲不振、痛み止め

 

・商品概要

ダムネシアは中位の高さの植物で、長い枝を伸ばし、先端に長めのバッズを作ります。

葉は赤みがかったライトグリーンであり、バッズは濃密で分厚いトリコームに覆われます。

葉にはサティバの遺伝子を見せますが、開花時期は9週ほどがおススメです。

 

ダムネシアは、成長度合に応じて少し変わりますが、1.9-2.0ほどのECレベルの栄養素を好みます。

フレイバーは、たくさんのトロピカルフルーツをまとめたようなフルーティーですが、深いサティバの後味を持ちます。

強力な食欲促進効果があり、痛みを抑えるのにも適しています。

ダムネシア(Damnesia)まとめ

 

ブリーダー:            Strain Hunters

種子の種類:            メス株

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              サティバの要素が大きいハイブリット

環境:      屋内、屋外両方とも向いている

効果の強さ:            中程度

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

医学的効果:            食欲促進、痛み止め

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

匂い/味:  フルーティー、ピーマン、サンダルウッド、木の香り

カテゴリの最新記事