Big Tooth

  • 2019.01.09
Big Tooth

BigTooth

ビッグトゥース(Big Tooth)は、成長速度が非常早く、活発に成長します。

害虫や、カビや低温にとても良好な耐性を持っていて、初めて大麻を育てる方にもおススメの品種。

 

・カテゴリー

40%SATIVA – 60%INDICAのハイブリッド

 

・遺伝子

アフガンx ハワイアンサティバ x ネパールハッシュ

 

・生育する高さ

中程度(平均の枝間距離8~12センチ)

 

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8~9週。900g/m2(1000W HPS)での収量。

 

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花期間を9~10週にし、生産量はサイズに応じて一株1000g程になります。

 

・テイスト(燃焼時)

ウッディー(木の香り)、スパイシー、ハーブ、後味に少しのバラの香り

 

・フレイバー(未燃焼時)

強めにスパイシー、メタリック、唐辛子

 

・バッズの形状

大型のバッズに、密度は中程度で、ヘアーは長めです。

乾燥したバッズは少し茶色がかった色合いになります。

 

・効能の持続

速く効いてピークを向かえ、持続性はやや短め

 

・効き目

効き目自体はとても強く、身体とマインドへの影響のバランスがとても良い。

エネルギッシュに効く反面、リラックスにも効き目が表れます。

 

・医薬品の品質

食欲促進、抗うつ

 

・商品概要

中規模の節間を持ち、トレーニング次第で枝と葉で分厚い茂みになります。

根が上手に育てば、とてもいい分岐をする品種です。

葉は長く大きいですが、重なりずらく生えます。

バッズは不規則な形で、梨型、しばしば先端丸みを持って成長する。

ヘタ部分は丸みがあり、小さめではあるが、樹脂で覆われます。

フレイバーは独特の香りを持っています。

効果はインディカの効き目から始まり、その後、笑顔が溢れるような所に変化します。

医学的には、食欲促進、抗うつ剤として使用されます。

ビッグトゥース(Big Tooth)まとめ

 

ブリーダー:            Strain Hunters

種子の種類:            メス株

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              インディカの要素が大きいハイブリット

環境:      屋内、屋外両方とも向いている

耐寒:      低温抵抗性、害虫耐性

効果の強さ:            中程度

収穫量:    高い

種類:      ハイブリッド

医学的効果:            食欲促進、うつ病

屋内開花時間:         ミディアム(56日~90日)

匂い/味:  ハーブ、スパイシー、ウッディー(木の香り)

カテゴリの最新記事