Afgooey

  • 2019.01.09
Afgooey

Afgooey

アフグイー(Afgooey)は、北カリフォルニア産の中でも有名な品種です。

今まではクローンでしかなかった品種であるが、Strain Huntersが性別を逆転する事に成功し、交配させて種子を作り始めた。 アフグイーは非常に丈夫で、活力のあふれる品種です。

 

・カテゴリー

30%SATIVA – 70%INDICAのハイブリッド

 

・遺伝子

アフガン(Afghan)x マウイヘイズ(Maui Haze)

 

・生育する高さ

低い(平均の枝間距離5センチ以下)

 

・室内栽培開花期間Indoor Flowering

開花時期8週。900g/m2(1000W HPS)での収量。

 

・室外栽培開花期間Outdoor Flowering

開花期間8週、 大きく生い茂るように育ったプラントからは、生産量は株1キロほどになります。

 

・テイスト(燃焼時)

シトラス、フルーティー、クッシュ、土っぽい。

 

・フレイバー(未燃焼時)

オレンジ、レモン、トロピカルフルーツ、クッシュ

 

・バッズの形状

バッズは洋ナシ形、肉厚でコンパクトで、中型の大きなヘタが付いています。

トリコームは開花の初期に発達し始めます。

砕いたバッズには粘りがあり、濃いライトグリーンです。

 

・効能の持続

早めにピークを向かえ、持続性は長い

 

・効き目

非常に強い効果で、主に脳に効果が表れ、あまりに強いため少し混乱するかもしれません。

クリエイティブにも向いているが、カオス的なトリップと表現出来ます。

 

・医薬品の品質

無気力、抗うつに効果あり

 

・商品概要

アフグイーは、背の低い系統で、葉は厚く濃い緑色、生い茂るように枝から葉が生えていき、典型的なインディカ種である。

高いECレベルでも栄養素を吸収でき、Sea of​​ GreenやScrogシステムに非常に適しています。

あらゆる種類の媒体で優れた性能を発揮し、室外での栽培も素晴らしいバッズが出来ます。

バッズは中型から大型の灰色の梨型で、コンパクトで緻密です。 樹脂は非常に厚く、開花中の段階で香りが充満します。

この品種は非常に強力な効果があります。その強力さをカオスと定義できるほどの効果があります。 速くにピークまで行き、効果は長く続く。

香りは定番のアフガニスタンを彷彿させますが、後味にフルーティーを感じます。

最初は土っぽさのアロマが広がり、その後にオレンジ、レモン、トロピカルフルーツの甘くフルーティ香りを体験するでしょう。

アフグイー(Afgooey)まとめ

 

ブリーダー:            Strain Hunters

種子の種類:            メス株

シングルシード販売:               種1粒からの購入可能

開花期間の種類:     照明を12h/12hにして開花

インディカ/サティバ:              インディカ寄りのハイブリッド

環境:      屋内、屋外両方とも向いている

効果の強さ:            強い

収穫量:    中程度

種類:      ハイブリッド

カテゴリの最新記事